交通事故や相続等の問題は弁護士に相談しよう

電話をしている男性

事故の発生

交通事故とむちうち症状の継続。

交通事故の人身事故として一番ポピュラーな症状はむちうちです。治療は結構長期になりますし、完全に治癒することはなかなか難しいようです。主に主訴によるものですから、心因的な主張を続けることで長引くことがあり得ます。保険詐欺すれすれのような方法で保険金目当てに通院する人たちが残念ですが相当います。こういう場合相当な金額にのぼってきます。保険会社はある程度の見切りをつけて、保険金の支給打ち切りを通告します。交通事故のむちうちはそういう点でも難しい側面を持っています。本当に治癒しない場合ももちろんありますから、そういう場合は保険会社が認めない点については裁判を提起することになります。弁護士を付けて裁判で認定してもらえるように活動していくことになります。

治療法の進化を目指す。

交通事故とむちうちは切っても切れない関係にあります。昔から見電気治療や牽引法が用いられてきましたが、先述の通り心因的要素が強くて、完全治癒は困難と言われています。無職の人たちは足しげく通院して医療費も高額化してきますが、働き人は会社を休めませんので、おちおち病院に通ったりはできません。そういうふうに生活環境によっても損害額が違っているのもおかしな話ですが、現実です。これらは従前から指摘されている問題点ですが、医師も交通事故からの保険金の支給は確実性があるのでなかなか手が切れないようです。ただ医療現場ではむちうちへの治療法もいろいろと研究されてきていて、いわゆる詐病の区別ができるようになれば、本当に重篤な人に対しては十分な給付が得られるように改善されることでしょう。

Copyright © 2015 交通事故や相続等の問題は弁護士に相談しよう All Rights Reserved.