交通事故や相続等の問題は弁護士に相談しよう

電話をしている男性

相談サービス

個人向けの相談サービスに力を入れる弁護士が増えてきています

 自分自身が刑事被告人になって裁判で罪を裁かれることになったり、何らかの法律トラブルに巻き込まれて裁判を起こすハメになったりしない限り、弁護士を利用することはできないと思い込んでいる人がたくさんいます。弁護士になるためにはとても難しい試験に合格する必要がありますので、弁護士は皆とても頭がいい人ばかりです。どうしても敷居の高さを感じてしまいますので、ごく個人的な相談ごとを持ち込んだりしても相手にしてもらえないのではないかと考えてしまいがちです。しかし、最近は、身近な法律問題の相談に気軽に対応してくれる弁護士がとても多くなっています。実際に多くの人が利用しているのが、離婚相談サービスです。離婚するかどうかを決めかねている段階から親身に相談にのってもらうことができますので、たくさんの人が離婚相談サービスを利用しています。

どうすれば相談にのってもらうことができるのか

 一昔前までは、紹介者がいない人からの相談にはのらないという対応をする弁護士が少なくなかったのですが、最近は紹介者がいなくても相談にのってくれるケースが多くなってきています。そうは言っても、予約もなしに突然事務所を訪れたとしても、法廷に出ていて留守ということがありえます。また、事務所にいた場合でも、次の仕事の予定が既に入っているケースが多いので、事前に電話で予約を入れてから訪問する必要があります。良い法律事務所の心当たりなど全くないという人がほとんどですが、地元の弁護士会に電話をすれば、離婚問題を得意としている弁護士の紹介を受けることができます。また、自治体が行っている無料法律相談を利用してみるというのも一つの方法です。

Copyright © 2015 交通事故や相続等の問題は弁護士に相談しよう All Rights Reserved.